はじめて猫を飼うなら2匹がいいって本当?2匹飼いの良さと注意点

(ペットdeペット編集部)

 

はじめて猫を飼うとなれば、「初心者だから1匹から挑戦してみよう」と考える方も少なくないはず。しかしながら、その発想はやはり初心者だからかもしれない。実は「初心者だからこそ1匹より2匹の方が飼いやすい」という考え方もあるので、今回はそれについてご紹介していきます。

目次

あとから1匹増やすことはなかなか大変

猫はなわばり意識が強いため、新しい猫を迎えることは簡単なことではありません。

1匹増やすとなれば、まずは別部屋で過ごさせたり、お互いのニオイを嗅がせる段階からはじめ、少しずつ対面時間を増やしながら慣れさせます。急に同じ部屋で過ごさせることは愛猫にとって大きなストレスを与えることになり、体調が急変することがよくあるのです。

もともと性格が穏やで懐っこい猫であればすんなりとお迎えできる場合もあります。しかしながらそれは実際にやってみなければ分からないことなので、上記のように徐々に慣れさせていくのが基本になります。

初心者だからこそ2匹から?

特に猫1匹と人間だけの生活を送っている場合、猫は自分以外の猫を見慣れないために、新しく来る猫を怖がってしまう可能性も高くなります。ゆえに1匹だけで飼うことは、猫が好きなのにも関わらず新しい猫を増やしづらくしてしまう原因になってしまうのです。

そうした理由から、もし「今後2匹以上飼うことを考えているけど、まずは1匹から挑戦だ。」と考えているのなら、初心者だからこそ2匹から飼い始めることをオススメします。

そして、実はそれ以外にも2匹で飼うことは飼い主や猫にとっての利点がいくつかあるため、今後どうするか考えている方は本記事を読み勧めていただけたらと思います。

とは言え、2匹飼うことには良い面だけではなくデメリットもあるので、それをしっかりと加味した上で決めていきましょう。

猫にとって、別の猫がいることのメリット

一緒に遊べて、運動になる

同じ猫同士、遊びもはかどります。追いかけっこをしたり、じゃれあったりすることがとても楽しいのです。人間と遊ぶよりもはるかに運動になります。遊びは運動不足解消のみならず、ストレス発散にもなるので良いこと尽くめです。

さみしくない

飼い主はどうしてもずっとお家にいることは出来ません。家族が多く誰かしら常にお家にいるとなれば話は別ですが、多くの場合、愛猫が留守番をしなければいけない時間が来てしまいますよね。

留守番で長時間1匹だけで過ごすことはやはり猫にとって寂しく、心細く感じてしまいます。しかし、そんな時に隣に仲間が居てくれることはとても心強く、安心して過ごすことが出来ます。

舐め合うのは気持ち良い

猫は自分の身体を舐めて清潔を保ちますが、仲間が近くにいればお互いを舐め合ったりもします。猫でも自分ではさすがに舌が届かない場所があるので、そういった場所を舐めてもらえるのはとても気持ちが良いし、より清潔に保つことが出来ます。

この行動は「アログルーミング」と言い、信頼関係が結ばれた者同士で行います。アログルーミングをしている猫たちは、とてもリラックスして心までいい気持ちになっています。

一緒に寝ると、暖かいし安心する

猫は寒さを感じたり寂しかったりすると、猫同士一緒にくっついて寝ることがあります。近くで寝るということは信頼の証でもあるので、安心感も同時に得ることが出来て幸せな気分になります。

飼い主にとって猫が2匹いることのメリット

猫が人にやさしくなる

猫同士でじゃれ合っているのを観察すると、噛んだり、引っ掻いたり、キックをしたりと結構痛そうなことをしているのですが、これは「痛み」を知るキッカケになります。

こうして猫たちは痛みを知って「力加減」が出来るようになり、飼い主に噛んでしまう時も甘噛み程度に抑えることができたり、足で触れるときも爪を引っ込めてくれるような優しい子になります。

お留守番のときの心配が軽減

猫は寂しがり屋の子も多く、1匹だけでお留守番させることに不安を感じる飼い主さんも少なくありません。そんなときに2匹以上いれば猫同士でじゃれあったり、一緒に寝たりすることが出来るので寂しさが紛れ、リラックスした気持ちで飼い主を待つことができます。

2匹だけでも遊んでくれる

1匹の場合は1匹だけで遊ぶか、飼い主が遊び相手になるしかありませんが、2匹以上いれば猫だけで楽しく遊ぶことができます。日頃お忙しい飼い主さんは遊ぶことが少ししんどくなる日もあると思います。そういった時に、猫同士で遊んでくれるととても助かります。

2匹いると、可愛さが倍増する

2匹の場合1匹では見られない行動をたくさんするため、愛猫のことをもっと知ることが出来ます。そして猫にも性格や行動に個性があるため違いを楽しんだりすることもできます。

猫を2匹飼う前に知っておきたい注意点

金銭面での負担が増える

一番注意しておきたいのはやはり金銭面です。いざという時の医療費を考えると、かかる費用は2倍以上になります。金銭面での不安がある方は一度どれくらいかかるのかを調べ、具体的に書き出してみて余裕がなければ難しいと思います。

フードの管理は1匹よりも手間がかかる

フードは基本的に量って出しますが、目を離してしまうと奪い取ったり取られたりしていることがあります。そんなことがあってはフードを量った意味がなくなってしまうので、食事の時間はしっかりと見てあげる必要があります。

そして置き餌にするのであれば2匹以上の場合、食事の管理をすることは不可能になります。置き餌は野生で暮らす猫に近い食事の方法でもありますが、家でまったりと生活する猫は太りやすいため、飼い主が体型キープをしてあげなければなりません。その上、フードの食べ方や食べる量を見られないため、体調の悪化に気づけないこともあります。

そういった点から2匹以上飼う場合、食事は時間を決めて量って出すことをおすすめします。飼い主によりますが、一日2~3回(子猫の場合をのぞく)あげる方が多いです。

すべてが2倍になる

先ほど金銭面を挙げましたが、それ以外にもトイレ掃除や猫のお手入れ、抜け毛の量、いたずらの量などが2倍になります。

しかし、慣れれば可愛いものです。そして2倍と言ってもまとめて管理できるため、体感では2倍とはなりません。

おすすめは兄弟猫を子猫期から

生まれてからずっと一緒の兄弟猫は仲違いする確率が低く、とても飼いやすいと言われています。

注意したいのは、「猫たちは自分たちを兄弟と認識しているわけではない」ということ。生まれてから別々の場所で育ってしまうと完全に他人猫になってしまうので、出来れば生まれてからずっと一緒にいる兄弟猫をおすすめします。

さいごに

いかがでしたか。どうしても私たち飼い主はいつでも猫を構うことはできません。

遊んでくれる相手や、一緒に眠れるくらい安心できる相手がいることは、ストレス発散や心身をリラックスさせることにとても効果的です。

これから猫を飼おうとしている皆さん、ぜひ2匹飼いを考えてみてはいかがでしょうか?

カテゴリ:

ペットdeペット編集部 茨城県生まれの23才。 子猫の兄妹、せりくんとすずなちゃんとたのしく暮らす。 趣味は温泉、工芸品鑑賞。地方に小さな家をいくつか持って気の向くままに暮らしたい。

PREV