暮らし

ネコと旅行

うーたんうーたん(ペットdeペット編集部)

 

みなさん旅行、お好きですか?私は温泉が好きなので、暇があれば温泉旅行のことを考えてしまいます。

ただ家に猫がいる場合は、真っ先に「うちの猫をどうしようか。」と考えることになるでしょう。猫がいない暮らしでは何も考えずに行けていた旅行、それが行けない、となってしまってはちょっと寂しいことです。

もしあなたのお家に猫がいる場合、どのように旅行欲と付き合いますか?

目次

一緒に旅行に行ける?

”犬は人につき、猫は家につく”とよく言います。

どうして家が好きなのか。それは、なわばり意識が強いからです。地域猫がそこにずっと同じ地域に居座るのも、なわばり意識が強いから。

なわばり意識の強さから離れた場所に連れて行かれると、とてつもない不安に駆られてしまいます。横に飼い主がいても不安に変わりはありません。

これを聞くと、猫は人よりも家の方が好きなんだな~と感じる方もいますが、実際は「飼い主も家も、どっちも大好き」という風に理解しておきましょう。

飼い主も家もセットだから、ゴロンと安心して寝られるのです。

この猫のなわばり意識の強さから分かる通り、一緒に旅行に行くことは出来ません。

いくら猫が可愛いからといって、連れて行くのは辞めておきましょ。

ネコってお留守番できる?

一人暮らしの方で仕事の間にお留守番させている方はたくさん居ますので、少しのお留守番くらいなら出来ますが、1日帰って来れないとなると準備が必要になります。

なので急な宿泊は難しいです。そして、お留守番は出来てもギリギリ2日と思っておきましょう。

お留守番ための注意点

・エアコンのリモコンは猫の手の届かない場所へ

・ストーブのコンセントは抜く

・一つのお部屋に閉じ込めず、お家の中を移動出来るようにしておく

・お風呂の水を抜き、トイレの蓋をしめ、ドアもしっかり閉める

・人が食べるものや危険物はしっかり片付ける

1泊2日旅行のための準備

もしお家の猫もよく知っている人間がいるなら、その方にお世話を頼んだほうが猫は安心かもしれませんが、なかなかそのような人っていないものです。

もし1泊2日の旅行であれば、猫が知らない誰かにお世話を頼むよりは、お家でお留守番してもらうことがおすすめです。

トイレ

1つでは足りません。2つ以上トイレを用意してあげましょう。汚れたトイレでは猫はストレスを感じて、私たちがして欲しくないような場所にしてしまうことも。これは飼い主が外泊する際の結構よくある話ですね(泣)

フード

置き餌になります。ウエットフードは長持ちしなく悪くなってしまいます。ドライフードを3日分くらい、用意しておきましょう。ウエットフードが好きな猫ちゃんもいますが、普段からドライフードも食べられるようにしておくと安心です!

フードが新鮮で嬉しい、自動給餌器もお勧めです。ただ電池のチェックは忘れずに。

遊んでいて溢しちゃうなんてこともあります。いつもより多めに器を用意して、出入り出来るお部屋にはいくつか置いてあげましょう。

家を長く空ける時のための準備

1泊2日よりも長くお家を空けるなら、どなたかの助けが必要になってきます。皆さんはどなたに助けを求めますか?

家族や親戚、友人など

近くに住んでいる身内や信頼できる友人などに頼めるなら頼みたいですよね。

普段から猫に頻繁に会ってもらっていれば、飼い主がいない寂しさが少し紛れるかもしれません。

普段どのように猫と接してくれているかも前々から知れているので、安心感がありますね。

猫仲間作りの「nyatching-ニャッチング」って?

近所で猫と暮らしている人とお友達になれる、「ニャッチング」というものを知っていますか?猫と暮らしている人と猫仲間になったり、外出時に猫のお世話をし合ったりすることが出来るような仕組みになっています。

登録してみた

これはアプリではないのでウェブで検索をかけると出てきます。LINEのアカウントを使って簡単に登録ができました。登録後はLINEから簡単にアクセスが出来るようになり、なかなか使いやすく感じました。

サイト全体が猫好きのために作られていて結構面白い。例えば、自分の家の近くの範囲を”なわばり”と書き、なわばりの範囲の猫仲間に絞って呟きを見ることも出来ます。

なんか仲間が作りやすそうな感じ

登録している方の中には積極的な方もいるようで、すぐフォローしてくださる方も。TwitterやInstagramのように呟いたり、メッセージでお話しあったり、時には助けあったりすることが出来ます。多くの方は猫の写真を載せてInstagramのように楽しんでいる方が多いようでした。

Instagramは不特定多数の人から見られますが、ニャッチングだと共通の話題が決まっているのでSNSが苦手という方でも使いやすそうだな、と個人的に感じました。

実際に、旅行に行くからと活用している人も

そして実際に、旅行などで家を空けるから助けて欲しいと依頼を出している方がいました。このように今後何かがあったときのためにも事前に頼れる仲間がいるととっても心強いですね。

猫好き同士なので、気兼ねなく会えるような友達になれたらそれこそ面白そうです!

ペットシッター

基本的に家以外で過ごすことは猫にとってストレスです。ペットシッターさんなら、お家に来てもらってお世話をしてもらうことが出来ます。飼い主が帰らないだけでとっても不安な気持ちになるので、生活ぐらいはいつも通りに近いものにしてあげたいですよね。

猫はペットシッターさんにももちろん警戒をしますが、時間になればお家から出て行きます。そうすればまたいつもと変わらないお家です。猫のことをよく知っているので、無理に触ろうとしたりする方は基本いないでしょう。慣れたら遊んでくれたりもするようです。

緊急時にはしっかり病院へ連れて行ってくれたりもするので、そこも安心のポイントですね。

ペットシッターさんにはお家の鍵をお預けすることになるので、信頼できるシッターさんかは動物取扱業などの資格を保有していることの確認や、実際にしっかりと話をして安心してお預けしましょう。

ペットホテル

24時間面倒を見てくれるところや、動物病院との併設になっているホテルは体調を崩した場合などには安心…

しかし私からはあまり強くお勧め出来ません。よくあるペットホテルは、ケージの中に閉じ込めておくことが多いからです。逃げも隠れも出来ないなんて可哀想…。

猫でも慣れないというのにワンちゃんが居たりすること(猫専用もある)もありますし、私が今まで暮らしてきた猫で、違う場所に預けた際(短い入院など)に、怯えない猫というのはいませんでした。

猫に優しいペットホテルが存在した

ただやむを得ない場合もあるかもしれません。

そんな時は、猫にとても優しいペットホテルもあるようです。広々とした個室で猫が自由に歩き回れるようなお部屋で、慣れたらプレイルームで遊ぶこともできるようです(他の猫と鉢合わせすることはないみたい)。

実際のところこのホテルが皆さんのお家の猫に合うかは分かりませんが、私は猫専用で猫のために作られているこだわりのあるホテルの方が安心と感じます。

さいごに

先日、犬好きな友人との会話中に「今度遊びに来る時、猫ちゃんも一緒に連れて来てね!」なんて言われましたが、猫ってそんなこと簡単に出来ないですよね(笑)ワンちゃんと暮らす友人からすれば、遊びに連れて行けないというのは初めての感覚のようでした。

そして、旅行…。

猫を飼うなら旅行を我慢しなさいなんて声もありますが、私は人間なので旅行も楽しみたいです。幸い、家族が多いので「お願い!」と頼んで行ってしまいますが。

このような部類の話って様々な人の意見があって大変な時代だなと常々感じます。私も可愛い猫たちのためによく悩んでしまいます(笑)でも実際どこにも確実な正解なんてありませんので、自分自身で最善の選択をしていきましょう!

カテゴリ:暮らし

うーたん
ペットdeペット編集部 うーたん 茨城県生まれの23才。 子猫の兄妹、せりくんとすずなちゃんとたのしく暮らす。 趣味は温泉、工芸品鑑賞。地方に小さな家をいくつか持って気の向くままに暮らしたい。

PREV