これってどうなの?

猫をなでていたら急にガブっと噛まれる理由

(ペットdeペット編集部)

 

猫をなでていたら急に表情が変わって噛まれたり、引っ掻かれたりすることはありませんか?猫が気まぐれと言われてしまう原因の1つであるこの行動。一体どういった理由があるのでしょうか?

目次

猫をなでていたら急に噛まれた!

猫が「なでて~」と言わんばかりに近づいてきたので、そうかそうかとなでていたら急にガブッと噛まれたり、引っ掻かれたり、ひどい時には足で蹴られたり・・・。

「嫌われている?でも自分から来たし・・・」とちょっと不思議な感覚になりますよね。

実はこの行動、『愛撫誘発性攻撃行動(あいぶゆうはつせいこうげきこうどう)』という「猫あるある」の1つなのです。

どうして急に機嫌が悪くなるの?

愛撫誘発性攻撃行動を起こしてしまう原因とは何なのでしょうか?

なでなでが長過ぎるニャ!

猫が物事に集中していられるのは、ごく短時間。自分から来たとはいえ、ある程度なでてもらえれば満足なのです。

ガブッとされた時は、「もうお腹いっぱいだよ!しつこいよ!」と伝えています。

遊びも、全力で追いかけてくれるのは最初だけだったりしませんか?

猫は何もかも短距離ランナー型なのです。

なでる場所が悪いニャ!

猫がなでられて気持ち良いと感じる場所は主に顔周りや首、背中。

それ以外の場所はそんなに嬉しくありません。

つまり、お腹を見せてくれたからといってお腹をなでてくれと頼んでいるわけではないのです。

そのため、なでる場所が気に入らないとガブッ!ときます。

なで方が気に食わないニャ!

いくらなでる場所が良くても、なで方が気に食わなければガブッとされてしまいます。

まずは猫の身体をなでるというよりは、毛をなでるようなイメージで優しくなでてみましょう。なで方が物足りない時は、なでている手に身体を押し付けて教えてくれます。

なでる場所によっても好みの力加減は違うので、毎日のコミュニケーションで自然と身に付けていきましょう。

満足サインを見逃すな!

猫はしつこくされるのが苦手な動物です。なでてもらって満足したときは猫なりにサインを送ってくれています。

これを見逃さなければ、猫との信頼関係を今以上に深めることが出来ます。

尻尾をブンブン動かしたら

猫が尻尾をブンブンと大きく速く動かし始めたら、なでなで終了の合図です。

動きも大きいので一番わかりやすいサインです。ただ、抱っこしている場合は見えづらいんですよね。そんな時は耳サインです。

耳がイカ耳になったら

猫の耳が横向きになって正面から見てイカのような耳になっていたら、なでなで終了の合図です。

せっかくのスキンシップですが、ここで止められれば、猫からの信頼も厚くなりますよ。

猫に慣れていない人への配慮も大事

小さなお子様や猫に慣れていない方の場合、猫と触れ合う際に加減が分からず噛まれたり引っ掻かれたりすることがあります。

そういった怪我は出来る限り起こらないようにしたいですし、その経験によって猫に苦手意識を覚えたり、猫嫌いになってしまうことも少なくありません。

愛猫と触れ合ってもらう際は出来るだけ目を離さず、猫の満足サインを見逃さないようにしましょう。

さいごに

神経質ぎみな猫ほど、攻撃的になりやすいと言われています。普段の生活から猫の性格を見極めておきましょう。

しつこくし過ぎないことは人間関係においても大切なこと。お子様にはとても良い教育になると思います。

カテゴリ:これってどうなの?

ペットdeペット編集部 茨城県出身。現在、猫2匹とルームシェア。猫たちは大切なことを教えてくれる先生です♪

PREV