人とペットの関わりについて

イヌネコのご先祖は一緒!

うーたん(ペットdeペット編集部)

 

犬と猫は全然ちがう生き物のように思えますが、実は同じご先祖様でした。

どうやら長い年月をかけて私たちの元へ来てくれたようです。

本記事ではワンちゃん、ネコちゃんのルーツをご紹介させていただきます!

目次

さかのぼること恐竜時代…

犬や猫のご先祖様である「ミアキス」は、今から約6,500万~4,800万年前に生息していました。6,500万年前は、恐竜が絶滅したと言われる時代です。

体長約30cm程で、長くほっそりした胴体、長いしっぽ、短い脚で、イタチに似た姿であったと推定されています。

地上では他の動物が強かったので、ミアキスは木の上で生活をしていました。そのため、彼らと同じように木の上で生活をしていた鳥類や爬虫類を食べていたようです。

実は、このミアキスは犬や猫にかぎらず、熊やアシカなどのご先祖でもあります。つまり、ネコ目(食肉目)のご先祖様、ということです。

ちなみに、ミアキスは「クレオドン」という肉食獣からの進化のようです。

クレオドン…。恐竜時代らしい名前ですこと!

イヌネコの分かれ道

森の中で生活をしていたミアキスですが、時代と共に生活の場所を草原地帯にまで広げました。

長い年月をかけて、

ここで森に残ったミアキスはやがて猫に、草原に出たミアキスはやがて犬になります。

森のミアキス

森に残ったミアキスは、「隠れること」が大変重要でした。危険を感じた時や獲物をとらえる前、木や草に隠れるのです。そして敵に見つからないようにするため、集団行動より単独行動を好みました。

木の上から落ちても大丈夫な身体能力もここで身につけたようです。あの俊敏な運動能力にはちゃんと意味があったんですね。

それにしても、とっても今のネコちゃんと近いですよね。

ミアキスからネコになるまで

・ミアキス(約6,500万年前~)

・プロアイルルス(約3,000万年前~)…森に残った、ミアキスの進化系。

・プセウダエルルス(約2,000万年前~)…ネコ科動物のご祖先。

・リビアヤマネコ(約13万年前~)…イエネコのご祖先。

…そして、

・イエネコ(現在)

草原のミアキス

草原でのミアキスは森のミアキスとは違って集団行動をとっていました。隠れるところが少ないため、単独行動だと獲物を捕らえようと思っても逃げられたり、危険があったときに不利になってしまうからです。

広い草原で集団で獲物を捕らえて、襲われた時は集団で反撃!集団行動がピッタリですね。

草原を駆け回っていたので体つきがだんだんと大きくなって、筋肉質になりました。そして戦いには威嚇も必要なため、吠える声も以前より立派になりました。

ふむふむ、ワンちゃんっぽいですね。

ミアキスからイヌになるまで

・ミアキス(約6,500万年前~)

・キノディクティス(約3500万年前~)…草原ミアキス、まだ木でも生活できた

・キノディスムス(約3000万年前~)…イヌ科・リカオン属の祖先。

・トマークトゥス(約2000万年前~)…イヌ科動物のほとんどの祖先。

・トマークトゥスから、イヌ科11属に分かれる(約700万年前~)

トマークトゥスのイヌ科11種のうち一つがイヌ科イヌ属。

その後イヌ属からも7種が誕生。その内の一つがタイリクオオカミ種。

…そして、

・イエイヌ(現在)

ちなみに、オオカミとDNAが最も近いと言われているのが日本犬なんです!

なぜ人と関わるように?

ネコと人の出会い

ネズミは苗の収穫に影響を与えました。そしてそれだけではなく、貯蔵穀物までも食い荒らしました。ネズミのオスメスがそろえば、なんと半年で2キロの食物を食べ、20キロの穀物に被害が出ました。

そのときに猫が登場したのです。ネズミを退治してくれるようになりました。

実はちょうどその頃、彼らは動物間での生活圏の争いがきっかけで、人の元にたどり着いたようです。人の残飯をもらいながら、彼らはネズミを退治しました。

その上、猫がネズミのようにこちらに被害を与えることはありませんでした。

猫は生まれながらにして人の救世主でした!

イヌと人の出会い

犬は、人と猫が仲良くなる、もっと前から関わりを持っていました。ハッキリしたことは分かっていませんが、お互いの利益のために同じ場所で暮らすようになったことは確かでしょう。

よく言われているのは、お腹が空いたオオカミが人間に近づき、その中で人との接触が増え、徐々に狩りなどに一緒に行くようになったという説です。その中でゆっくりとオオカミから犬に変化したのですね。

オオカミから犬への変化は、犬の心も、人の心も穏やかにしたことでしょう。

たまたま出会ったことをきっかけに、素晴らしい相棒になったのですね!

人との出会いは偶然?必然?

現在のすがたになるまでに、ワンちゃんやネコちゃん、そして私たちもたくさんの年月がかかりました。

ほとんどの動物たちは同じ動物同士で暮らしますが、昔から変わらずに私たちと共生しているワンちゃんネコちゃん。しかし、歴史の中で一歩違えば別の動物に姿を変えて、別々に暮らしていたことでしょう。

現在私たちが彼らと一緒に過ごせているのは、偶然的にも必然的にもとっても素敵なことなんだと、改めて実感できますね。

カテゴリ:人とペットの関わりについて

ペットdeペット編集部 うーたん 茨城県生まれの23才。 子猫の兄妹、せりくんとすずなちゃんとたのしく暮らす。 趣味は温泉、工芸品鑑賞。地方に小さな家をいくつか持って気の向くままに暮らしたい。