まめ知識

猫の目の色の決まり方と、色の種類

(ペットdeペット編集部)

 

猫といえば、くりっと大きな目が印象的ですよね。猫たちと触れ合う回数が増えると、それぞれの目の色が異なることに気がつくと思います。今回は、猫たちの目の色は一体どのように決まり、どのような色の種類があるのかについてご紹介します。

目次

猫の目の色の決まり方

猫の目の色は基本的に遺伝によって決まります。

とは言っても、親猫の親猫の目の色なども関係してくるため、必ず親猫と同じ目の色になるわけでもありません。また、兄弟であっても目の色が異なることは頻繁にあります。

ただ、猫種によっては目の色が決まっていることもあります。たとえば、「シャム」や「バーマン」、「ラグドール」はブルーの目でないと認められません。

目の色がそれぞれ違う理由

どうして猫の目の色がそれぞれ違うのかについては、メラニン色素の量が関係しているからになります。

猫の目においては、メラニン色素の量が多いほど褐色系の色になり、少ないほどブルーやグリーン系の色になります。

猫に白目はないの?

人の目には必ず白目がありますが、猫の目を見ると白目がないように見えますよね。

猫の目は、暗い場所でも光を多く取り入れるために、虹彩(瞳孔の回りの色のついた部分)が大きくなったと言われています。

なので、答えは「虹彩が大きいから」。白目はちゃんと存在しています^^

子猫の目の色は特別

産まれて間もない子猫の目の色は基本的に、青っぽい色をしています。英語では子猫をキトン(Kitten)と呼ぶことから、この目の色は「キトンブルー」と呼ばれます。

個体差はありますが、生後1、2ヶ月ほどから本来の色が出てくるため、キトンブルーの期間は本当に短く、貴重なものとなっています。

目の色の種類

猫の目の色は大きく分けると、ブルー系、グリーン系、アンバー(琥珀)系、カッパー(銅)系の4種類に分けられます。

ブルー系

目がブルー系の猫は、目の虹彩にメラニン色素をほとんど持っていません。そのため、実際に青いわけではなく、「レイリー散乱」という光の現象によって私たちの目に青く見えているということになります。

空が青く見えるのと同じ現象です^^素敵ですよね。

ブルー系は細かく分けると、サファイアブルー、ブルー、アクアに分けられます。

グリーン系

目がグリーン系の猫は、ブルー系の次にメラニン色素が少なく、ヨーロッパ地方の寒い地域がルーツだと言われています。

グリーン系は、グリーン、ヘーゼルといった色に分けられます。ヘーゼルは緑色に茶系の色がグラデーションで入っています。

アンバー(琥珀)系

イエロー系とも言われます。メラニン色素が多く、日本のような温暖地域でよく見られる目の色です。

アンバー系は、イエロー、ゴールドといった色に分けられます。少し緑が入った色に関しては、アンバー系とはならず、ヘーゼルに分類されます。

カッパー(銅)系

カッパー系(つまり銅系)の目の色は、猫の目の中で一番メラニン色素が多い色です。アンバー系と同じく、日本でよく見られる目の色になります。

猫のカッパー系は人間でいうと、日本人に多い黒やブラウン系の色の目にあたると言えるでしょう。猫の目が黒やブラウンにならないのは、黄色を作り出すメラニンが多いからです。

特殊な目の色

レッド

遺伝子疾患によって生まれるアルビノの猫は、目の奥の血管が透けて見えるために目が赤く見えます。

アルビノの猫は何らかの障害を併せ持つことも多いので、その子に合わせた生活を送ってあげましょう。

オッドアイ

左右異なる色の目を持つ猫をオッドアイといいます。白猫に多く見られ、日本では「金目銀目」とも呼ばれ、縁起の良いものとされてきました。

基本的には片方がブルー系の目となり、もう片方はグリーン系やアンバー系、カッパー系の色になります。

ただ、オッドアイの猫はブルーの目側の耳に聴覚障害を持っている確率が高いです。なので、オッドアイの猫を飼う際は、お外は天敵や道路などの危険がたくさんありますので、完全室内飼いを推奨します。

ダイクロイックアイ

ダイクロイックアイは1つの瞳の中に2つの色が存在するという、非常に稀な目です。ヘーゼルのグラデーションとは違い、くっきりと色が分かれていることが特徴です。神秘的な目であることから、高値で取引されることがあります。

さいごに

お家の猫ちゃんは何色の目でしたか?
猫の目はどの色も本当に美しく、見とれてしまいますよね・・。

ただ、猫の目は病気になりやすい部分でもあります。

猫の美しい目を保つためにも、何か異常が起こっているときには放置せず、かかりつけの動物病院で診てもらいましょう^^

カテゴリ:まめ知識

ペットdeペット編集部 茨城県出身。現在、猫2匹とルームシェア。猫たちは大切なことを教えてくれる先生。

PREV