ネコちゃんの性格のつくられ方

うーたん(ペットdeペット編集部)

 

私事ですが最近2匹の子猫の兄妹を引き取りました。可愛いと引き換えに、ハイパーやんちゃで毎日ハラハラしております。

人間の子供もそうですが、幼少の時期ってとても大切な印象がありませんか?例えば人間の場合、親が過保護になりすぎると、子供の精神面での成長に影響が出たりしますよね。

今回は猫の性格形成について本記事にまとめてみました。

目次

社交性があるネコの幼少期

猫は自分が甘えたい時は来て、飼い主が望んでるときには来ない…とよく言われますが、実際そんな単純ではなく猫も1匹1匹しっかり性格が違いますよね。

その中でも、分かりやすいものが社交性ではないでしょうか。野良猫なんかが居たときに、手でおいでおいで~なんてしても人間を警戒してるせいで近寄らない猫が多いですが、中には人間に慣れていて近づいてくる猫もいますよね。

社交性の形成

そんな社交性についてですが、猫の社交性は生後2ヶ月が一番育ちやすいと言われています。

この生後2ヶ月はまだ恐怖心などよく分からないくらい幼いので、許容範囲がとっても広く、人間や他の動物も皆んな仲間だと思うそうですよ。なのでこの時期に人間や、猫、他の動物との触れ合いの経験を与えることで、あまり警戒心がない猫になるのです。

そしてこの時期を逃してしまうと、臆病な猫になる可能性が高いと言われています。

初めての出来事に過剰反応してしまう猫ちゃんは、この2ヶ月間、必要だったであろう経験が乏しかった可能性があります。

きっかけを与えても難しいネコちゃんもいる

しかしすべての猫に言えるかといえばそうではないです。どんなにこちらがきっかけを与えようとも、苦手な子は苦手。15%くらいの猫はそうではないかと言われています。お世話をしながら気長に見守りましょう。

親ネコからの遺伝

親猫が人懐こいと、その子猫も人懐こくなることが科学者の研究で明らかになっています。それは親猫と一緒に居なかったとしても、だそうで。

その上面白いことに猫の性格は母親よりも父親の遺伝子に影響を受けることが多いのだとか。父親は子育てに参加することが少ないので、似ているとすればちょっと遺伝説に納得。ボス猫の遺伝子を持った子なら、たくましい性格になったりするのかも…。

ただ現在、私自身が兄妹猫と一緒に暮らしていて、やはり性格が個々に全然違うので実際のところどうなんだろうと、ちょっと疑問に思うところではあります。

やっぱり親の背中を見て学ぶ

しかし、やはり親猫といる方が直接しっかりと社会勉強をさせてもらえます。猫はどういう動きが出来て、なにを食べれて、どこが安全で、誰が危険か。例えば、親猫と人間の触れ合いを近くで見た経験があったから人懐こくなるという猫ちゃんはとても多いのです。

人間からだってちゃんと学んでる

ところで外に住む親猫は、子猫が遊べるくらいにまで弱った獲物を子猫に与えて狩りの練習をさせますが、おもちゃでそれらしい動きをさせて一緒に遊んであげている私たち人間も知らぬ間に親猫と似たようなことをしてあげているのです。

一人前の猫へ成長させるため、愛猫と一緒に過ごせる時間はしっかりおもちゃなどで遊んであげて、身体の動かし方なんかを学ばせてあげましょう。

堂々としたネコ、臆病なネコ

子猫の性格は基本的に成猫になっても大きな変化っていうのはありません。なので、子猫のときにいろいろな経験をさせたいものですが、出会い方によって難しい場合もありますよね。

そして猫は大きく分けると2つのタイプに分けられます。

・堂々とした猫…様々な人間、他の猫や他の動物とも上手くやれるタイプ

・臆病な猫…決まった人にしか懐かない、神経質なタイプ

ペットとして好まれるのは前者でしょうか。

もちろん前者は堂々としてると言っても、初めての出来事にはやはり驚きます。とは言ってもこういった猫は好奇心も持ち合わせているので、この出来事を何度か体験することで苦手なことでも順応することが可能なのです。

それに比べ臆病な猫は順応性に欠けます。日常的に起こることだとしても、嫌な出来事を無視することや、気にしないということも出来ません。何度も経験して、害がないということを知っていたとしても。

そんな臆病な猫ちゃんの場合は、一匹で過ごせる心地の良い場所なんかを作ってあげて、逃げ場所を作ってあげたいですね。

人と共生できるネコを増やそう

猫の性格は、生後2ヶ月の間に形成されてしまう───猫が1歳で人間に換算すると18歳ぐらいと言われていますので、たしかにこの2ヶ月間がどれほど大事かはなんとなく分かりますよね。

たとえ将来的に一緒に暮らさない予定の猫もいると思います。たまたま保護をして里親募集をする際や、愛猫が出産したが飼いきれない子猫を引き取ってもらう場合など。その際、引き取ってもらう前は、一緒に触れ合う時間を最大限取りたいですね。他のお家でも人懐こい猫ちゃんになる可能性が高いということですから。

カテゴリ:

ペットdeペット編集部 うーたん 茨城県生まれの23才。 子猫の兄妹、せりくんとすずなちゃんとたのしく暮らす。 趣味は温泉、工芸品鑑賞。地方に小さな家をいくつか持って気の向くままに暮らしたい。