猫を飼おう!

簡単なのにキレイ!あるグッズを使った猫の抜け毛に効果的なお掃除方法とは?

(ペットdeペット編集部)

 

入り込んでしまった猫の抜け毛は、掃除機で吸っても粘着クリーナーを使っても、なかなか綺麗に取り除けませんよね。

今回はそんな頑固な猫の抜け毛に悩んでいる飼い主さんのために、2つのグッズを使ったとっても簡単なお掃除方法をご紹介します!

目次

猫の抜け毛のお掃除に困っていませんか?

猫と暮らしていると、やはり気になるのが『抜け毛』ではないでしょうか?

私も長年猫と暮らしているので、抜け毛の悩みについては多くの飼い主さんと共感できるのではないかと思います。

抜け毛が入り込んでしまう素材のものは、掃除機で何度往復させても全く綺麗になったように見えず、スッキリした気分にならないまま掃除を終えたり、

猫の毛には粘着クリーナー(通称:コロコロ)が万能かと思いきや、ただただ粘着紙を無駄にした経験もありました。

しかし、そんな経験も今では過去の話。ある2つのグッズを使うことで今では満足したお掃除が出来るようになりました!

お悩みの方は是非お試しください♪

猫の抜け毛に効果的なグッズとは?

抜け毛が入り込んでしまいがちなカーペットやクッション、キャットタワーや猫ベッドなどのお掃除って本当に大変ですが、この2つのグッズがあればもう安心です!

ゴム手袋を使おう

猫の抜け毛には、ゴム手袋が最適と言って良いかもしれません。

やり方はとてもシンプルで、

片手にゴム手袋をはめ、抜け毛が気になる部分を撫でるだけ。ゴムが抜け毛を絡め取り、あっという間に綺麗にしてくれます。

我が家ではホームセンターや薬局などで100枚入りで売られている薄手のゴム手袋を使って、終わったら抜け毛と一緒にポイッとしています!

使い捨てが勿体無いと感じる方は、抜け毛専用に厚手のゴム手袋やラバー軍手をお掃除用具の1つとして持っていても良いと思います♪

スリッカーブラシを使おう

毛足のあるカーペットやラグ、毛布、キャットタワーや猫ベッドなどは抜け毛が付いてしまうと同時に、へたってフワフワ感がなくなることがありますよね。

まだ購入して日が浅いのにも関わらず、質感が悪くなり買い替えを考えてしまう方も少なくないでしょう。

そういった場合に是非使ってほしいのが、犬猫ブラッシング用のスリッカーブラシです!

こちらもやり方は簡単です。

猫にブラッシングをするように、へたってしまった部分をスリッカーブラシで優しく梳かしてあげます。

そうすると猫の抜け毛が取れると共に、毛の絡まりを梳かす効果もあるため、購入した当初のようなフワフワ感が戻ってきます。

一方向だけでなく、あらゆる方向からと梳かしてあげると、より早く綺麗に仕上がりますよ。

※ある程度フワフワ感が戻ったらそこで終わりにしましょう。やりすぎると元の素材まで痛めてしまいます。

猫のブラッシングに使っている古くなったスリッカーブラシをお掃除用に切り替えて使うのがおすすめです。兼用する場合は、洗って乾かしてから猫に使いましょう!

普段のブラッシングが何より大事!

抜け落ちてしまう毛を減らすためにも、日頃のブラッシングは欠かせません。

長毛種の場合は被毛がもつれ毛玉になりやすいので、なるべく毎日ブラッシングしてあげることが理想です。

短毛種の場合は1週間に1~3回程度のブラッシングでOKです。毎日でないと忘れてしまうという方は、軽めのブラッシングであれば毎日でも構いません。

ブラッシングを忘れているともつれや毛玉だけでなく、毛球症の原因にもなります。愛猫が辛い思いをしないよう、日課にして楽しく続けていきましょう!

さいごに

最近では抜け毛を丸めてオブジェにしたり、猫のオモチャとして遊ばせる方もいるようです♪

フェルトで作ったボールのような見た目で素朴な可愛いさがあり、何より大好きなパートナーの毛色なので愛着が湧きますよね。

SNSで調べてみたところ普通のオモチャより反応が良いという声もあるので、なんだか私も気になってきました…。

近いうち挑戦できたらと思います。

カテゴリ:猫を飼おう!

ペットdeペット編集部 茨城県出身。現在、猫2匹とルームシェア。猫たちは大切なことを教えてくれる先生。

PREV