暮らしと健康

愛猫が飼い主におみやげ(獲物)を届ける理由と対応の仕方

(ペットdeペット編集部)

 

猫は飼い主におみやげ(獲物)を届けることがありますが、あれは一体何故なのでしょうか?

届いた時の対応もご紹介します。

目次

猫が獲物を捕まえて持ってくる!

愛猫が獲物を持ってきてギョッとした経験がある飼い主さんは少なくないと思います。私自身も長く猫と暮らしているため、獲物が届いたことが何度もあります。

こういった猫の不思議な行動は「猫のおみやげ」と呼ばれています。

獲物を持ってきた時の猫の表情は何とも得意気で可愛らしいのですが、大きめサイズの獲物を持ってこられるとビックリして悲鳴をあげてしまうこともあるでしょう。

ただ、猫は嫌がらせをしているわけではありません。どうして飼い主におみやげをしてくれるのでしょうか?

なぜ持ってくるの?

猫が飼い主に獲物を届けてくれることについての明確な理由については分かっていませんが、親猫の子育てにおける行動から、ある説が考えられています。

飼い主に狩りを教えてあげている?

親猫は子育てをする中で、生きる上でとても重要である「狩り」を子猫に教えます。教えるといっても、まだ狩りを経験していない子猫には、元気に動き回る獲物を仕留めるのは難しいです。

そのため、親猫はあらかじめ弱らせておいた獲物を与え、子猫に狩りの練習をさせるのです。

飼い主のところに猫が持ってくるのは大抵、少し攻撃済みの獲物。そう、親猫が狩りを教える時と同じ行動を取っているのです。

このことから飼い主の間では、「狩りをしない飼い主に狩りを教えようとしているのでは?」というユニークな説が考えられるようになりました。

他にも・・・

  • 飼い主に食べさせてあげるため
  • 飼い主に褒めて欲しくて
  • 飼い主に自慢したい

などの説があります。実際何を考えているかは分かりませんが、どれも可愛い理由で微笑ましいですね。

猫が獲物を食べることはない?

愛猫は獲物を食べることはないだろうと信じたい飼い主さんもいると思います。

しかし、多くの猫たちにとって狩った獲物は食べ物です。お腹が空いていたら食べてしまっているでしょう。

ただ、昔から飼い主に出してもらうキャットフードだけで育ってきた猫は、虫や小動物を見ても食べ物だとは思わないため、遊ぶだけで食べないこともあります。

獲物を食べても大丈夫なのか

猫は狩った獲物を食べてしまうことがありますが、猫の獲物である虫や小動物たちは「病原菌」や「寄生虫」を保有していることがあります。

そういった危険から守るためにも、部屋は清潔にして、なるべく外には出さずに室内のみで飼いましょう。

また、お部屋にゴキブリ駆除剤などを置いてしまうと、駆除剤の殺虫成分を食べたゴキブリを猫が食べてしまい、中毒症状を引き起こすことがあります。

とても便利な物ではありますが、猫と暮らすのであれば、そういった危険性のある物は置かない方が良いでしょう。

猫がおみやげを持って来た時の対応の仕方

愛猫からおみやげが届くと、モノによってはギャーッと叫んでしまう方も少なくないでしょう。

おみやげが届いた時、一体どのような対応をすれば良いのでしょうか。

怒らない

苦手な虫や小動物を目の前に持ってこられて、「何で持ってくるの!」と怒ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、猫からすると悪いことという認識は全くないため、怒っても猫には伝わらず、飼い主に対して意味もなく恐怖心を抱いてしまうことがあります。

信頼関係を崩さないためにも、怒ることはしないようにしましょう。

褒めてあげる

獲物を持ってこられるのは少々ビックリすることもあると思いますが、そこは抑えて沢山褒めてあげましょう。

「褒めたらまた持ってくるかもしれない」と褒めたくないという考えの方もいるかもしれませんが、猫はどっちにしろ持ってきます。

それなら、褒めて関係を深めた方がいいですよね。

食べてしまう前に対処しよう

猫は獲物を食べてしまうことがあるので、褒めながらササッと猫の見えないところに持っていきましょう!

さいごに

猫のおみやげには本当に驚かされますよね。

我が家もおみやげ事件は色々とありましたが、寝ている最中にベッドの上にゴキブリが届けられていた時は、朝起きてちょっとしたパニックになりましたね・・・。

何も寝ているところに届けてくれなくても良いのに(T_T)

でも可愛いからOKです♪

カテゴリ:暮らしと健康

ペットdeペット編集部 茨城県出身。現在、猫2匹とルームシェア。猫たちは大切なことを教えてくれる先生です♪

PREV