飼い主の悩みを解決!

高い場所から降りられない猫。どうしてそこまで登ったの?

(ペットdeペット編集部)

 

猫って高い場所に登るのが大好きですよね。しかし、降りるのはそこまで得意ではありません。高い場所から降りれず、にゃーにゃーと助けを呼ぶ猫ちゃんもいるのです。

今回は、なぜ猫が高い場所に登ってしまうのか、そしてなぜ降りられないのか。また、降りられなくなった時の対処法についてご紹介します。

目次

登るのは上手だけど、降りるのは?

猫は高いところに登るのが得意ですよね。

登られたくない場所に登られてしまったことのある飼い主さんは多くいることでしょう・・・。

では、高い場所から降りる場合はどうでしょうか?

猫は高い場所から降りるのも、ある程度の高さであれば可能です。ピョン!と降りてしまいますよね。

ただ・・・

あまりに高ければ、降りるのが困難になります。

なぜ登れるのに、降りられない?

「登れたんだから、降りられるだろう・・」という考えを聞いたこともあります。

しかし、猫の爪は登るのには適した形をしていますが、降りるときに適した形ではないのです。

登った時と同じ形で後脚から降りれば可能かもしれません。が、猫達にそういう発想が浮かばないのか、体の構造から難しいのか、猫がそういった降り方をすることはほとんどありません。

どうして無理な高さまで登ってしまうのか?

好奇心旺盛すぎて

好奇心旺盛な猫は、「無茶でしょ!」と思うような高いところに登ってしまう傾向があります。

冒険心が湧いてしまうのでしょうか・・。

本能的に高いところに登ってしまう

猫の祖先は、森林で暮らしていましたが、森林内で敵から身を守るためには、木の上に暮らす必要がありました。

そのため、現在の猫たちも本能で上へ、上へと登っていってしまうようです。

高い場所のほうが優位だから

猫界では高い場所にいるほうが優位で、より強い猫であることを表現できるようです。

そのため、猫は優位性を示すために高いところに登っていることもあるのです。

たしかに、我が家においてもキャットタワーを取り合いし喧嘩になっていることがあります。

その際、勝った猫はそのままキャットタワーに居続け、負けた猫は素直に降りていき、床にゴロンと寝転ぶのです。

怖いことがあり、登ってしまった

猫は敵に襲われるなどの恐怖を感じた時に、とっさに高い場所に登ってしまうことがあるようです。

特に野外で生活する猫たちに多いのか、ときどき木の上から降りられなくなってしまった猫のニュースを見かけます。

降りられない時はどうする?

まずは見守る

危険な状態でないのであれば、まずは見守りましょう。

猫は自分でしっかりシミュレーションをした後、自力で降りることが可能な場合もあるのです。

また、見守ることにはもう1つの理由があります。

「その場所が降りられない場所であることを認識させるため」です。

今後同じ間違いをしないため、ヒヤッとさせることも重要なのです。

横にステップになるものを置く

どうにも降りられそうにない場合は、横に高めの台を置いてあげましょう。

猫は台を見つけると、それを上手く活用できないかと考えるのです。

なかなか丁度良い台がない時は、机や椅子などでも上手に使ってくれることがあります。

助けてあげる

それでも難しい場合は、脚立を用意して助けてあげましょう。

脚立を一人で使うのは危険なので、必ず誰かに固定してもらいながら使用します。

怖がっている猫は抱っこをしようとすると暴れたりすることもあるため、足腰に不安がある場合は無理をしないように。

どうにもならない時は・・・

どうにも降ろせないと判断した場合は、地域の保護団体に連絡をしましょう。

猫に知識がある保護団体であれば、適切なアドバイスをくれたり、必要な道具を揃えてくれることもあります。

また、緊急性を伴う場合は、ためらわず消防署へ連絡しましょう。

法律上、ペットは財産にあたるため、救助することが認められているのです。

(※人命救助と重なった場合は、人命優先になります。)

無理をすると飼い主さんが怪我をしてしまうこともあります。こういう時こそ冷静に判断しましょう!

普段からできる対策

猫が自力で降りられない程の高い場所に登らないよう、普段からできる対策をご紹介します。

障害物を置く

猫が登ってしまいそうな場所には障害物を置いておきましょう。

障害物がしっかりと機能すれば、猫は無理して登ることはありません。

容易に登り降りできるようにする

登られないようにすることに無理がある場合は、容易に登れ、容易に降りられるようにしておくのも良いでしょう。

台になるようなものを置き、階段のように段差をつくるのです。台はキャットタワーでもOKです。

高い場所に容易に登り降りできるようになると、猫の運動不足解消やストレス解消にもなり、生活満足度もアップします。

室内飼いにする

お外にはあらゆる外敵、危険が溢れているため、危険を感じて逃げた場所が高い木の上ということもあります。

放し飼いをしていると、愛猫が高い木などから降りられなくなっても把握ができませんし、誰にも気づかれない中、無理に降りて足腰に怪我を負ってしまう危険もあります。

しっかりと安全を見守りながら生活できる「完全室内飼い」も視野に入れましょう。

オモチャで遊んであげる

猫は体力があり余っていると、そういった高い場所に登ってしまうことがあります。

普段からオモチャやキャットタワーなどを使って遊んであげることで、体力のあり余りを防ぐことができます。

さいごに

猫って本当に高い場所が大好きですよね。

登っているときは、降りる時のことなんて一ミリも考えてなさそうです…!

そんなところも可愛いんですけどね♪

カテゴリ:飼い主の悩みを解決!

ペットdeペット編集部 茨城県出身。現在、猫2匹とルームシェア。猫たちは大切なことを教えてくれる先生です♪

PREV