コラム

チワワが可愛い理由と特徴やしつけの方法について

編集部員編集部員(ペットdeペット編集部)

チワワ
 

大きな瞳が感触的なチワワ。見つめられると、思わず笑みがこぼれてしまいますよね。チワワは、プードルに続いてブームの高い犬種でもあります。さらに世の中的に最も小さい犬種といわれ、メキシコが原産地ともされています。日本ではマンション生活の人が多く、一戸建てであっても大型犬を飼う大きさがない事から大型犬よりもチワワなどの小型犬を飼われる方がかなりあるといわれています。

特にチワワは、その愛らしいスタイルとその小ささ、CMや人気などの影響にもより、特に若い女から評判が高く、実際でも日本の犬種飼育頭数ではベスト3に入るほどの流行です!そのようなチワワの事を皆さんはどれだけ知っていますか。本テキストでは、チワワの性格についてピックアップしてお発送やりたいと考えます!超小型犬と呼ばれるチワワ」。

ちょこちょこと歩く姿や風情が愛くるしいだけでないチャームポイントが秘められた犬種でもあります。チワワの体重は約1.5〜3kgとかなり軽くて小さい犬種です。それ故お出掛けやお散歩がけっこうしやすく、電車やバスなどの公共組織ではバリケン(バリケンネル/犬用のキャリー場合)やバッグなどに入れてチワワとのんびりにお出掛けする事が出来ます。

チワワがとても軽い

他にも体重が相当軽いので、他犬種に比較し長時間での成長も楽々です。しかし、公共組織を使用するときは、ワンちゃんを連れて行ってもよいのか、規定は如何になのかを充分にと検証し、飼い主としての礼儀作法を守って満喫しましょうね。直近で、かわいらしくて性能性の高い犬用バックが多く提供されています。シックを満喫ながらワンきちんと共にお購入などされてみてはどうでしょうか。超小型犬でありながらまた勇敢で負けず知らずな一面を持っています。それ故、堂々にも大型犬にでも立ち向かっていくほどの勇ましさを持っています。

警戒心が強く、縄張り意識も高いのでどのような対象物であっても自身のテリトリーに入って来たものに反対に威嚇したり吠えたりするので、意外にも番犬としても頼もしい犬種でもあります。

中型犬や大型犬に比べると必須な運動量は少ないですが、遊ぶ事や運動する事が大好きな性格なのでおもちゃで一緒に遊んだり、ドッグランで駆け回ったりしてあげても良いですね。用心深くて機敏なチワワでもありますが、その実なかなか臆病でもあります。ささやかな物音や風で窓が揺れ動くだけでも驚いてして吠える事があったり、知らないスポットでいきなりトリミングやグルーミングをしようとすると威嚇したり、水がわずかかかっただけで泣き叫んだりするほどの臆病な一面があります。

チワワは飼い主さんの事が大好き

チワワは飼い主さんの事が大好きで相当愛情深い犬種です。元々相当機知に富んだ性格なので、飼い主さんの心境を読み取り、コミュニケーションを取るのが優れているでもあります。相当甘えん坊でもあるので、犬と遊ぶのが大好きな人にとってはベストな犬種といえるでしょう。ただし、気を付けたい事もあります。チワワは飼い主さんの事が大好きだからこそ心配性になりやすいといわれています。

いつも一緒にいる飼い主さんが業務や用事などで離れてしまうと、チワワは突然心もとないな心情になってしまい、キュンキュンと鳴いて強いストレスを抱いてしまいます小型犬・超小型犬の多くは、飼い主さんに反対に依存しがちな子が多々あるといわれています。

それ故かわいそうだからと何でも構ってあげる、好きなようにさせてあげるなど過維持に育ててしまうと、自らが1番偉い!と思ってしまい、問題行動を起こす懸念もありますので、メリハリのつけた教育をびしっと行いましょう。明るくて元気なチワワ。深い愛情とメリハリのある指導をする事で、更に双方の信用度や愛情度が増すと言えるでしょう。かなりやんちゃですので、ケガや事故には十分気を付けてあげてくださいね。

チワワはけっこう小さいけども、勇敢でエネルギッシュ!その一方、甘えん坊でわずか臆病な性格を持ち合わせた犬種でもあります。飼い主さんにそれに対し愛情が深く、忠実心があるのでコミュニケーションをふんだんに取りたい方には向いているかもしれません。

チワワの育成はメリハリが大事

お迎えする事になったら、メリハリをつけた教育とたくさんの愛情を注いであげてくださいね。そうでないと、問題行動を起こす引き金になるかもしれません。主従関連を整然と持ち暮らしをすれば、きっと素晴らしいパートナーとなれる事間違いなしです。世の中最小の純血種であるチワワが、いまの体型になったのは1850年代と言われています。

米国で小型化された事で、より現時点でのチワワの体型に近くなっていきました。ところで、チワワという犬種は、その起源が明確とわかっていない犬種でもあります。チワワの体毛には色々な色味のバリエーションがあります。犬種クラブにおいても、猟犬などの職業犬と異なる点、愛玩犬であるチワワは毛色を限定される事もないのですでした。単色だけでも、一般的な黒や赤、チョコやフォーン、ホワイトやクリームといった薄めの色、ブルーなどのレアカラーと呼ばれるチワワまで、毛色のバリエーションは非常に豊富です。

そして、2色のまとめ合わせのトイ色彩、3色以上のパーティトーンを持つチワワ、全身にまだらのポイント色が入ったブリンドルのチワワもいて、そのような独自性的なチワワも高い好評となっています。

チワワの性格は千差万別で持ち味豊かと言われていますが、総じてとても愛情深く、飼い主に反対にはよくなつきます。甘え巧くな一面もあり、チワワを飼った人にしか曖昧であるチワワのチャームポイントだという飼い主の方も多々あるようです。

他にも、好奇心も旺盛なので、佇まいによらないアグレッシブさもチワワのチャームポイントの一つです。一方で、佇まいからも想像可能な通り、デリケートで臆病な性格である事が多々あるのもチワワの性格のもち味です気弱にブルブルと震えているチワワだけではなく、大型犬に反対に臆する事なく向かって行くような堂々なチワワも、実を言えば臆病な面の表れという事もあります。吠える事で自らを大きく見せようとしているのかもしれません。縄張り意識が強く、動作が機敏なので体は小さいですが番犬としての役目を充分こなせる忠実で勇敢な犬です。

チワワは排他的であると言われており、チワワ以外の犬種との適合性は良くないのです。超小型犬ゆえに飼育環境、特に温度に細心の用心を払う不可欠があります。アップルヘッドと呼ばれる頭に小さく引き締まった体、加えて黒くて大きな瞳はかなり理知的なフィーリングを受けます。体長は体高よりもちょっと以前からずっと、生意気な表情とテリアのような用心深い態度がトレードマーク的です。

世の中に分布するチワワは単色のものが多々あるが、メキシコではタン・マーキングのあるものや斑が好まれているようです。超小型犬種であるチワワではちょくちょく表現が過大で、成長後も癒合不全のステータスが見られる事があり、膝蓋骨脱臼の発症頻度も高いと言われています。

チワワの先祖とされるこのテチチは、元来は地中の穴に暮らし野生の状況で棲息する小さな犬でしたが、トルテック族により家畜化されたと言うのが定説のようです。はじめにチワワが発見されたのはメキシコですが、その後米国南西部に渡り、何度も品種改良が重ねられて直近でのコーデが出来上がりました。テチチは元来は小型でしたが、米国での選択繁殖により、より小型に改良固定されたものが目下のチワワといわれています。

カテゴリ:コラム

編集部員
ペットdeペット編集部 編集部員 ペットdeペット編集部です。編集部員が集めた情報をお伝えします。