ネコと遊ぶ大切さ

うーたん(ペットdeペット編集部)

 

ネコは飼い主と遊ぶのが大好きですが、ただ楽しいだけで遊んでいる訳ではありません。遊ぶことには意味があって、飼い主も重要な役割を果たしていることを理解しておきましょう。

目次

どうして遊びが好きなの?

猫は本来”狩り”をする動物。

外で暮らす猫たちは普段から木に登ったり、思いっきり走り回ったり、ジャンプをしたり。こうでもしなければ食料を確保出来ないので生きていくことが出来ません。時には縄張り争いで激しい戦いになることだってあります。

一方、お家で暮らしている猫たちは狩りをすることもなければ、激しい争いもありません。しかし猫本来の狩りをする本能はそのまま残っています。

つまり猫は私たちと遊ぶ際、獲物を捉える感覚でやっているのです。

ちなみに猫が住むお部屋に、木を連想させるキャットタワーやキャットウォークがよく置かれるのは外の環境に近づけるための工夫で、とっても意味がある物でした。

遊ぶ時間

遊ぶ時間は10分~15分で十分です。遊びすぎは心臓等の負担になります。

短い時間なので時間は作りやすいと思います。忙しい時でも遊ぶ時は集中し、楽しませてあげてください。

遊ぶことのメリット

運動で健康に

猫も肥満にならないためには運動をする必要があります。そしてバランス感覚を養ったり、より良い筋肉を付けることにも運動は欠かせません。

ストレス解消に

運動することはストレス解消につながります。私たちも運動して汗を流すとスッキリした感覚になりますよね。おもちゃで獲物を捕らえる達成感を感じさせてあげましょう。

気をつけたいこと

手で遊んではいけない

手を獲物のように動かす遊び方は手軽ですがしないようにしましょう。そのような遊ばせ方は手を獲物として見てしまうようになり、普段から手に噛みついたり攻撃してしまう猫になる原因になります。

六ヶ月未満の子猫の場合はまだ力も弱く、噛まれても大して痛くないのでやってしまいがちですが、成長するにつれてどんどんと力が強くなり、手はあっという間に傷だらけになります。

たとえ自分がそれで良いと考えたとしても、来客にも同じ行動をしてしまう可能性があります。心当たりがある方は今日からでもおもちゃを使って遊ばせましょう。

どうしても手が良いと考える場合はパペット人形等を手につけて遊びましょう。

おもちゃ置き場を作る

おもちゃを出しっぱなしにしてしまうと、おもちゃに飽きる速度が加速してしまいます。

こまめに片し、いつも新鮮な気持ちで遊ばせることが出来るように心がけましょう。

遊びでネコとの信頼を深めよう

外で暮らす母猫は子猫に狩りを教えるため、弱らせた獲物を子猫の近くに運んで遊ばせます。私たち飼い主も愛猫とおもちゃで遊んであげることで、母猫と同様、狩りを教えてあげているのです。

ずっとお家にいる猫は、本当の狩りや、命の危険も知らない生活の中でのんびり暮らしているせいか、成猫でも子猫気分の猫の方が多いです。

そんな猫たちの母猫の擬似体験が出来ていると思うとちょっぴり嬉しくありませんか?遊ぶ時は集中して一緒に遊び、信頼関係を深めて行きましょう。

バリエーションも大事

外の狩りでは様々な動物を見つけ、その度に挑む猫たちです。いつも同じ動き方、同じおもちゃだと当然飽きてしまいます。動きに変化を出したり、おもちゃも数種類用意し、楽しませてあげましょう。

・猫じゃらし型

一番人気と言っていいのではないでしょうか。飽きたと思っても動きを高速化、且つ複雑化させると、再度じゃれてくれることが多いのがこの猫じゃらし型の良いところですね。

・ボール

獲物が走っているように見えるのでしょうか。追いかけてじゃれ、追いかけてじゃれ、捕まえてキック攻撃。こちらがボールを動かさないとすぐに飽きますが、私たちもボールを追いかけるのは結構大変だったりもする。

・ぬいぐるみ

獲物っぽくて良いのでしょうね。散々攻撃したあとに持って歩く姿はとても可愛いです。ぬいぐるみ系は出しっぱなしにすると本当にすぐ飽きます。ここぞという時に出すと喜ぶことが多いです。

・猫まきびし

正四面体の布おもちゃ。余り布で出来る手作りおもちゃで、これがよく出来ていて本当によく遊んでくれます。ネズミのしっぽを連想させる紐がピッと出ているのが多く、猫の興奮を掻き立てます。中にマタタビが入ってるものもあります。

・光線

薄暗い部屋や暗い部屋で楽しい光線系。その場所には何もないのに一生懸命掴もうとする姿がなんとも言えないです。

・日常で出てくる何気ないもの

髪を結くゴムや、プレゼント袋・箱についてくるリボンなど…日常で何気なく使っているものにじゃれます。

うちの猫は鉛筆を見つけると運んでしまうのですが、そんなもので遊んだら危ないので長細いもので遊んでる際は早めに回収しましょう。

目新しいものが好きなので、飼い主さんの大事なものにも当然じゃれてしまうことがありますが、そんな時は怒らずにささっと回収しましょう。

さいごに

皆さんのお家の猫ちゃんたちはどのような遊びが好きでしょうか?うちの猫はとにかく猫じゃらしですね。猫じゃらしにリボンをつけたりしてバージョンアップさせたりしています(笑)

おもちゃの好みや、遊び方はやっていくうちにどんどん明らかになっていきます。毎日コツコツ、楽しませてあげましょう!

カテゴリ:

ペットdeペット編集部 うーたん 茨城県生まれの23才。 子猫の兄妹、せりくんとすずなちゃんとたのしく暮らす。 趣味は温泉、工芸品鑑賞。地方に小さな家をいくつか持って気の向くままに暮らしたい。

PREV